一般歯科では虫歯、歯根の治療に加え、抜歯、入れ歯、予防(定期検診)など保険治療を中心とした処置を行います。

 
 

歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢(プラーク)や歯石を放置しておくと、歯周病の原因菌が繁殖し、歯の根を支えている顎の骨を徐々に溶かし、やがては歯が抜けてしまう歯周病を引き起こします。

 

地域医療では、近隣の患者様が大きな病を煩わないよう「早期発見」による予防が非常に重要です。

 

そうした「早期発見」のためには豊富な経験と知識が必要となります。

歯を失ってしまった場合に噛み合わせを取り戻す代表的な治療法が入れ歯です。

入れ歯には部分的に装着する部分入れ歯、全体的に装着する総入れ歯があり、固定方法や材質にも種類があります。

 
 

ご存知の患者様も多いかと思いますが、欧米ではお口の中にアレルギー反応を引き起こす原因となるパラジウムを含む金属(合金)を使用しない、パラジウムフリーという考え方が浸透しております。

 

インプラント治療は虫歯、歯周病、事故などで歯を失ってしまい、お口の一部または全体で噛み合わせを失ってしまった方にとって昨今では最良の治療方法です。

 

矯正治療の一番のメリットは美しい口元を手に入れられ、歯並びが整うことで清掃性が高まり虫歯や歯周病の予防に繋がります。